toggle
ティアラ作家の備忘録
2016-09-13 | 日記

インスタグラム始めてみました。

Ballet Attic’s Propの前川さんに勧められて、インスタグラムを始めてみることにしました。

インスタグラムってスマホ持ってないとできないんじゃないの~~と思ってたんですが、PCでもWin8以上のバージョンならできるみたいですね。

昨日の夜(今日の早朝?)アカウント取得してちょいちょい作業。。

ただね、画像の方はまだ使い方がよく分からなくてか、正方形切り抜きになっちゃうからちょうどいいティアラの画像がなかったorz
というわけで、上手く掲載できるか試験的にオリジナルエスメラルダのイラストをアップしてみました。

 

これ書いている画面上では埋め込みコードをコピペしてみたものの、枠しか出てこない上にサイズ調整もどうやるのか(;^_^A

新しいことに挑戦する際につきものの、うんざり感MAXですが、ブログだってFBだってWordPressだって、本気でやろうと思ったらそれなりに使いこなせるようになってきたのだもの。

写真を撮るモチベーションアップのためにもインスタグラムも使いこなせるようになりたいな。

(言い訳:本来スマホ専用のアプリであるものを無理やりPCで使うためだろうと思うけど、多分スマホで使うよりややこしいんだと思う)

でもここにカタログよろしくティアラをたくさん掲載することを目標に頑張ります☆

 

illustration- Esmeralda variation

Ballet tiara shop Estherさんが投稿した写真 –

あ、編集画面では白枠のままだけど、ちゃんと見ることができた?

 

おかげさまで10位以内にとどまり続けることができております。
よろしければ今日もお帰り前にぽちっ↓と応援してやってくださいませm(__)m♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

今週末運動会の中学生。
土曜日準備・日曜日本番ということで2日分代休があるうち、前倒しで本日が休みだということをすっかり失念していて、昨日に引き続き長女と2人、家の中。。。orz
まぁしっかり休ませることができてよかったと思おう💦

2016-09-12 | 日記

要領悪い?

時間がないという事態になるということ自体が、「要領よろしくない」ということだと思うんだけど(ーー;

朝30分で夫の弁当と朝ご飯と小学生たちの水筒を用意し、頭が痛いという中学生を休ませるために学校に絡をし、のどが痛いという末っ子のために連絡帳に一筆書き、

ということがさくっとできてしまうところを鑑みると、

私、決して要領は悪くないような気がする。
その集中力が長続きしないだけなんだなぁ・・・
時間に迫られないと、本気が出せないって、どうよ(ー皿ー;

 

今日も励ましてくださいませ↓m(_ _”m)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

夏休み、進まなかった分今ものすごく焦り焦りしながらティアラ作っています。

毎日この調子で作れば、、、と思わなくもない←おい

img_1922プレゼント用アイテムも掲載したいのに、写真が上手く撮れなくてなかなか進まない。。。
黒背景、難しいな💦

2016-09-10 | 製作裏話

見本が届いた(∩´∀`)∩♪

めっきの色味について業者さんに問い合わせたら、返事も何もないままいきなり見本が届いた( ̄▽ ̄;)心臓に悪い

見本送りますねって一言あれば、数日返事がない~~ってドキドキせずに済むんだが、、

まぁでもある意味、私が期待していた回答より分かり易い答え(百聞は一見に如かず!)という点ではちゃんといい仕事しているということになるのかな。

2016-09-10-07-23-04じぃ~~~ (ΦωΦ)

カラー見本は楽しい。でも、見本から実物を想像するのは苦手、、、
やっぱり数作って実物で見比べてみるより仕方ないかな。
ティアラ製作のアシスタント欲しくなってきた(><;

 

でも人を雇う余裕なんてないから、しばらくは地道に頑張るべ、、
よろしければ今日もぽちっと応援↓応援お願いいたしますm(__)m☆

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

おかげさまで、10位以内キープしております!
ブログ村から見に来て下さる方も増えてきたみたいで、嬉しい( *´艸`)♡

2016-09-09 | 日記

母の愛と技術の進歩。

besuoは右が感音性、左が伝音性の難聴がありまして、良いほうの左に補聴器を付けて生活してます。

物心ついたときから兄が言語訓練をしているのを見てきたので、耳が悪いと大変だぁぐらいに思っていたのですが、
小学3年生になったある日、「besuoも発音がおかしい」「補聴器を付けた方がよい」と母から言われ。
その時初めて自分もまた聴こえていないという事実を知ったのでしたorz
自分はそんなに聞こえてなかったの?恥ずかしい発音だったの?とものすごくショックで・・・

自分が親になってみれば、当時の母が「兄ばっかり心配してきたけれど、この子が友人関係がうまく作れないこととか、忘れ物が多いこととかいろいろ気になることがあるのはやっぱり聞こえの問題のせいかもしれない」「これから勉強ももっと難しくなるから今からでも何とかしないと」等、色々悩んだ上に言ったことなのだろうなと思えるけど
そこは小学3年生、やっぱりある日唐突に自分もダメだと言われてしまった辛さで、、、補聴器はともかく、発音訓練の方は受け入れることができず。
いまだに発音の悪さは残ります(特にい行)

まぁでも今は言葉ってのは伝わればいいと開き直って、初対面の人にも「耳がちょっと遠い江戸っ子ばばあみたいなもんだと思ってください」と図太く言えるようになったからいいんだけどね。

 

そんなわけで、補聴器をしている人を見かけると勝手に親近感がわく私。
息子の通っているスイミングスクールでカラフルで明るい色の補聴器をつけている子がいたから話しかけてみたら、それは補聴器ではなくて人工内耳なんだそう。
お調子者で、甘えんぼで泣き虫な者同士気が合うのか( ̄▽ ̄;)子ども同士すっかり仲良しになったからお母さんとも色々お話しするようになったのだけど、Y君はなんと聾(ろう)なんだと。
(聾唖(ろうあ)者の“唖”は話せないという意味なので、聾。)

わたしより発音きれいじゃないかΣ( ̄□ ̄|||)

言われなきゃそこまで重度の聴覚障害を持っているなんて分からない。
更衣室のざわざわした中では私の方がよっぽど話聞き取れてないしorz

小学2年生の聾の子どもがここまで普通に意思疎通できるとは・・・!!
人工内耳、そんなに発達してたなんて。。。\(◎o◎)/!

それでお母さんの話を聞いてみたら、まず手話で意思疎通できるようになってから、子どもの言いたいことを探って、正しい言葉を教えていくという相当な努力と時間が必要だったそう。
やっぱり機器の進化だけで皆が皆ここまで来れるわけではないんだなぁ。

このスイミングスクールに通う前に他の何件かのスイミングスクールに断られたんだ、という話をしながら、Y君のお母さんは悔しそうでもなく、かといって諦めているという感じでもなく。
今このスイミングスクールで良い先生方に教えてもらえて良かったと言う自然さに、こういうお母さんだからできたことなんだろうなとなんとなく合点した。
勿論いろんな訓練を乗り越えることができる賢さや忍耐強さ等をY君が持っていたということもあるとは思うけれど。

子どもは自分の訓練の先が見えないから、その先が見える大人が強い意志を持たなければできない。
でも人間だもの。自分がこれが正しい、と思って進んでいく道が、もしかしたら間違っているかもしれない。
子どもを教育することの難しさってまさにそこにあると思う。
その子が何を持っているか、持っていないかも分からないのに、本人の意思を大切にしたいと思っていても、それをさておいて無理やりでもやらせる・やめさせる選択を迫られることもある。
迷いの中で、子どもの様子を見ながら臨機応変かつ無我夢中で進んで行くしかないんだろうな。

 

小学3年生の時に、母の思いを分からずに発音訓練を続けることができなかった私。
今振り返ってみれば、ふてくされる私に母も相当辛かっただろうなぁと思う。
小学3年生にもなれば自分なりの世渡り方法ができちゃってるし、補聴器つける前と付けた後と何かが劇的に変わったという意識が本人には無いので(周囲にはあったかもしれないけど)この時期に訓練しても、その労力に見合うだけの何かが得られたかどうかわからないという意味ではそれはやめても構わなかった訓練なのだろう、とは思うけど。

・・・それでも発音がいいに越したことはないと思うし、Y君のお母さんを見ていたら、母のために頑張れていたらよかったな、とちょっと心が痛むのだ。
そして、補聴器は私がどんなに嫌がっても譲らずに、目立たないように小さいタイプを選んだり、素敵なケースの方を選ばせたりして気持ちを上げながら、無理やりにつけさせてくれたことには本当に感謝している。←もう手放せない

 

今Y君はカバーを買ってもらって、水の中でも機械を付けたまま入れるようになった。
音としては近くの音しか拾えない上に、かなり高額なものらしいけれど、補聴器と眼鏡をはずしてプールに入るとヘレンケラーな気分が味わえる私にはそれがとっても画期的なものであることがよく分かる!
Y君のお母さんの決断に拍手喝采!!!

親の愛と技術の進歩の中で、子ども達の可能性がさらに広がりますように。

さ、我が子もしっかり育てなきゃ!( *´艸`)

 

今日もお帰り前にぽちっ↓と応援お願いいたします(*´▽`*)ノ☆

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

何にも画像がないのはつまらないので、娘たちが小さい頃書いてあげたイラストでも載せておこう。。
%e3%81%90%e3%82%89%e3%82%93%e3%81%b1%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93

2016-09-08 | 日記

男らしさ(`・ω・´)キリ☆

継続は力なり、、、というけれど、プリンターぶっ壊れた等、同情票もあったのであろうか、、、
今朝のブログ村のバレエジャンルでの順位がなんと7位になってる!Σ(・ω・ノ)ノ!

GoogleさんやYahoo!さんの検索で1ページ目に出ることの方が一般的な宣伝としては上なんだろうけど
(ありがたいことに今のところずっと「バレエティアラ」の検索で1ページ目に出ているようです←旧HPの方だけど爆)
besuoという作り手が作っているティアラであることを知っていただきたいので(※)、ブログを読んでいただけるチャンスが増えるのはやっぱり嬉しい。

※昨日「完全なる裏方」宣言をしたことと矛盾するじゃないかと言われるかもだけど、裏方は空気ではありません。
表現者は自分が踊っている舞台も衣裳も小物も、自分のパフォーマンスを更に引き上げるために働く人間の存在を知るべきである、というのが私の持論なので、これからもジャンジャン裏方として自己主張させていただきたいと思います(^ω^)←おい

前回は夏休みというどうにも倒せないモンスターのために足踏みをしてしまったけれど、せっかくいただいたこの目立つポジション、少しでも新しい読者をゲットできるように、がんばって維持すべく更新頑張ります☆

 

 

さてね、タイトルの「男らしさ」。
これ、今朝Haruさんにいただいたメッセージの中にあった言葉です。
(Haruさんに関しては、旧ブログの「Haruさんちのティアラを作る」シリーズを参照ください)
↑「Haruさんちのティアラ」で検索したら、記事がどばばばと1ページ目全てを埋め尽くして絶句(*▽*;

Haruさんは「相変わらず妥協を許さぬ男らしさ」という使い方でしたが(それでも吹くには十分w)

そうなのです。男らしいとか女らしいとかステレオタイプなジェンダー観はナンセンスと思いつつも、自分でも確かに自分はあまり女らしくはないなという自覚はある。

我が子が生まれた後に、知人に「besuoちゃんが結婚した時に、本当に子どもを授かるようなことができるのか心配やったわぁ」というようなことを言われたこともあるし←なんというド直球なと思いつつ、そう思われても仕方ないかと思ってしまうあたりw

しかし、直接お会いしたわけでもないHaruさんに見抜かれているのはどういうことだ?(;´Д`)

 

バレエやってたのに、と言われるかもしれないが、バレエやってたからこそ男性要素に磨きがかかった分もあるかもしれない、、、(´・ω・`)
舞台化粧のおかげで化粧が大嫌いで今もいつもすっぴん
すてきな衣裳を着る機会が多かったから?変身願望&おしゃれ願望ゼロ

もうちょっと告白させていただくならば、フロリナだとかキューピットだとか黒鳥だとかいろんな役(それも人間でない役が多かったような。。)踊らせていただいたけど、実は白鳥の3幕の道化とかドンキのバジルが踊ってみたかった。

勿論そんな機会は訪れるわけはないのだけど、ドーンと飛んで空中で静止、高校生でそういう動きも可能になった頃、わざとぶっきらぼうな踊り方したのを思い出す。

あれは何だったのだろうねぇ。。。(ΦωΦ)遠い目

友人の娘ちゃんがラ・バヤデールのブロンズアイドル踊りたいって言ってたという話を聞いて、その当時あの踊りを知ってたらきっと私も同じこと思ったに違いないと思ったwww

 

・・・つらつらと「女らしさとは」とか「男らしさとは」とかまじめに考えるとどっぷり重く堅苦しくなっちゃったのでそういうところはバッサリ削除して書き直し。

そう考えると、改めて、こんな女要素薄い私を嫁に選んでくれた夫には感謝せねば、、、としみじみ、、
いや、笑い事ではない。ホント。

うん、まぁ女らしくない=男ではないんだけど、考え方だけじゃなくて、動きにも出ちゃってる部分はあるようで、この前TANIDA.CROWN.LABのTANIDA所長(嬢)が松山に遊びに来たとき、片手でハンドルグルグルグル~~と回したら、「男前ですね」と突っ込まれた(;´Д`)

もうここまで来たら、今更かわいい人にはなれないから(ΦωΦ)←開き直り

昔妖精、今男前、まっしぐらに今日も職人道突っ走ります(`・ω・´)キリ☆

 

今日もお帰り前にぽちっ↓と応援よろしくお願いいたします( *´艸`)♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

なつかし、Haruさんちのティアラ~~。
20121123081423a8d 20121123081422cfc

写真の技術もお粗末な頃で画像が暗い暗い。。。でも5年の間の進化がよく分かるね。
今だに使ってくださっているそうで、Haruさんには感謝以外の言葉が見つからない(ノД`)・゜・。

うーん、、まだまだ。

新仕様ティアラ、アドバイスを戴けそうな方のところで順番に使っていただいて、色々感想・ご意見を戴いております。(まだしばらくモニター続く予定)

いくら知り合いとはいえ(知り合いだからこそ?)なかなか辛口というのは難しいだろうなぁ、申し訳ないなぁと思いつつ、私が引っ掛かりを覚える点について意見を聞かせて戴いたり、実際に着けてみたりしていただいたりして、またいくつか改善したい点が見えてきたので、書きとめておこうと思います。

(今回見ていただいた新仕様ティアラ概要)
 アルミ(軽銀線)から真鍮に素材を変更、ストーンもフラットバックからチャトンに変更するにあたって、どうしても重くなるという問題を解決するために線を細く、薄くすることで対策をしました。
鍍金は専門の業者に委託することにより、ムラなく均質に輝く厚みのある鍍金を施しています。

◆ティアラの厚み・立体感
 ・画像で見るより立体感があった
 ・線の交差などにより奥行き(0.5~1㎝程度)あるともっと素敵

◆色味・輝き
 ・黄色味が結構強い
 ・舞台でも十分金色感が分かる
 ・この程度の石配置で輝きとしては十分ある
 ・石よりも金属部分の方がむしろ輝きとしては強い。石をもっと置いた方がいいかも
 ・土台色のカラーバリエーションが色々欲しい

◆重さ
 ・思ったより軽い
 ・ちょうどいい
 ・もっと軽いほうがいい
※重さについてはそれまで使ってきているティアラとの比較もあるのかな。。。と。本当に人それぞれのようです。

◆使用感
 ・ピン刺しやすい
 ・使用感はとてもいい
 ・破損が怖くて曲げれない(曲げ練習用見本でも入れるか?)
 
まとめてみるとこんな感じでしょうか。。
お話を伺う中で、デザイン、特にティアラの高さや形についても好みを聞かせていただきましたが、もっと高いほうがいいという意見もあり、反対にもっと低くてもいい、という意見もあり・・・好みが分かれたところをみると、やはりティアラというのは理想の一点などないのだなぁと改めて感じました。
それに本気で応えようと思ったら、色も形もいろんなヴァリエーションの物を作って、お客様に実際に試着していただける点数を多くすることだな、と改めて思う。
ちゃんと試着して、場合によってはサイズ直しをしてもらう衣裳のように、ティアラも試着、それもちゃんと衣裳に合わせて複数点試着をした上で合うティアラのイメージを明確にして決定する、という流れが普通になるといいのに。

今回モニターお願いしたどの先生方も、本人とティアラ、あるいは衣裳とティアラがあっていないという経験は少なからずお持ちのようでした。
手持ちのティアラであれば本人に似合う物には違いなかったとしても、その時に使用したいと思う衣裳に合うかどうかはまた別。
衣裳とセットになっているティアラもあるけれど、微妙、、という話もよく聞きます
(ティアラがイマイチという意味ではなく、どんなすてきなデザインだったとしても「その人に似合わない」可能性の高さを考えるとそれは当然かなと)
自前で頭飾りを作れる方、というのは本当に貴重な存在だと思う。
ただ、ティアラは頭飾りの中でも硬質なものであるだけに、意図した形を作るのは他の物よりも明確な技術とカンが必要な気がする。

現在のティアラ事情から言えば単にデザイン的に好き!で選んで、まぁものすごくおかしくなければいいか、と妥協して使う、というケースが多いのではないかと思うけれど、
せっかくティアラ屋として専門店やるからには、その妥協を無くす啓蒙活動的な仕事をしてみたい。

意図する効果を出すために、このようなティアラが欲しいというアーティストの要望に応えるティアラを作りたい。
自分が作りたいティアラではなく、求められるティアラを作る技術屋。
完全なる裏方!!(#^^#)
個人や教室では保有できない技術と種類を備えてこそ、ティアラ専門店としてやる値打ちがあるのではと。
そういうところを目指していきたいな~と今回いろんな方にモニターしていただいた中で具体的な方向が見えた気がしました。

 

具体的な、と言えば、今回「あ、それやってみたい」と強く思ったのが、もっと前後に立体感を出すこと。
これは技術の問題でまだできないかもしれないけれど、真鍮の強度なら確かにもっと複雑で美しいデザインができそう。
まだまだ進化できる、ヴァリエーション増やせる、!と思ったら何だかワクワクしてきました( *´艸`)

鍍金の件に関してもただ今業者さんに問い合わせ中。また回答が楽しみです(#^^#)

IMG_1880土台の線が太すぎてピンを刺す時ちょっと難ありなので
新作ティアラとしては掲載しなかったT-031ちゃん💦
(シンプルながら、着けると結構使いやすいサイズ・デザインでひそかに人気☆)

 

いつまでたってもレンタル開始にならないorz
いやいや、、、商売よりも今はクォリティ上げれるだけ上げる、使える商品点数増やすことに専念します!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 
昨日はたくさんの応援ありがとうございました!一瞬ではありますが10位以内に入ってて嬉しさ満開( *´艸`)♡
今日もよろしければ応援ください。↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

2016-09-06 | 日記

とりあえず直った(T▽T)v

黒インクが出ないというプリンターのトラブルは昨日のうちに無事自力で解決。

とは言っても、すぐに再発したり他のエラーが出たりしたらいけないと様子見つつ1日。

特に問題ないようで良かった( *´艸`)♡

 

以下、覚書のようなもの。もし似たようなトラブルがあった人の参考にでもなれば。

使用機種:CanonのMG6730

結論から言えばトラブル原因はよくある純正のインクを使っていなかったためために起こった目詰まり。
(純正のインクでも目詰まりを起こさないというわけではなさそうだけど)

まだ保証期間内ではあるけれど、純正のインクを使っていないから修理代金取られる可能性があるから、できれば自力で直したい、、というケチな事案です。

勿論プリンターのメンテナンス機能によるヘッドクリーニング、あるいは強力クリーニング等を数回やる、インクタンクを新しいものに交換するというような対策を行ってもまったくインク自体が出てこないというケース。

我が家のプリンターは毎日のように印刷しているから、放置による目詰まりではありません。

だんだん赤っぽくなってきたところを見ると、徐々に詰まってきた?と推測して、インクヘッドを掃除することに。

 

ただMG6730って、インクヘッドを取り出すどころかカートリッジも入れにくい開口だから、取り外して、、というのが今まで使っていたものよりもはるかに難しそう。外したはいいが、取り付けれないという事態もありうると思ったので、今回は全体をぬるま湯につけて水洗いというのは避けて、綿棒の先に無水エタノールを付けて掃除することにした。

インクカートリッジを外して、インク吸入口(?)のようなところをエタノールを浸した綿棒でインクを溶かすように拭き掃除。
ただそれだけなんだけど、その後、強力クリーニングしたら一発で正常に戻った。
(きっと処置が早くてインクが本格的に固着する前だったのだろうと思われる)

2016-09-06 14.58.08メンテナンス前と後☆

本当はエタノールじゃなくて専用の洗浄液とか使った方が確実なんだろうけど、まぁもっと簡単にできちゃったんだわ、ということで書いてみました。

だって綿棒の先にエタノールつけてふき取るので直るのなら手軽だし、、
勿論我が家のが直ったからと言って、どのプリンターでも使える手段だとは思ってないけど。
(先ほども書いたようにインクが出なくなってすぐ処置したというのも無関係ではないと思うので)
緊急&ダメもとぐらいの気持ちで試してみても良いかもです。。。少なくともヘッドそのものを取り外して洗浄するよりもリスクはすくなかろう。

もう一つ友達にも教えてもらった「用紙の種類を「普通紙」ではなく「高品位専用紙」に設定して印刷する」という方法もあるんですが、こちらの方は我が家のは普通紙設定よりはやや改善されたかな、、ぐらいの変化でやっぱり赤っぽかったので使えなかった(TT)

いずれにしてもプリンターを販売する会社は純正インクを高くして利益を確保するのをやめていただきたい。故障するのを期待して強制的に買い替えさせようとしているとしか思えないヽ(`Д´)ノプンプン
こんだけインクの値段に差があるのに、「故障させないために」純正インクでなければならないって、なんかすごく不愉快。

印刷できないという事態が発生するとショップとしてはとても困るので、カラーが使えなくなった前のプリンターもおいてあるんだけど、こちらの方も目詰まり起こしてて保険の役に立たず(ーー;
機能なんかあれこれつけなくていいから、しっかりした壊れない物を作っていただきたいです!!←切実

 

励みになります~~今日もぽちっと↓お願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

古いほうのプリンターも、カラーは完全に復帰とはいかないけれど、同様の方法で黒印刷は復活した。
・・・案外いける方法なのかも?

2016-09-05 | 日記

神経すり減る作業(><;

何気にプリンターの調子が悪いな~と思ってはいたけど(色がちょっと赤っぽくなってきた)

今朝は完全に黒が出ていない。。。orz

お客様からの注文が入っている時に、こういうトラブルはきつい!

本当なら即刻修理を検討することになるのだろうけれど、まずは自分でできそうな方法を模索するために朝からPCとプリンターの間をうろうろしている。

こういう機器のトラブルって、自分だけってことはまぁあんまりなくて、やっぱり特有の脆弱性があるということなのかしら、、出てくる出てくる。

ただし、修理センターに出すという方法以外で直った!という事例はあまりなさそうので期待薄だけど。

とりあえず数少ない情報でも試してみるしかないか。。

そんなわけで今日の発送業務は遅れるかもしれない&赤っぽい印刷でのお届けになるかもですがお許しをです。(TT)

ダメだったら最悪納品書は手書きすればいいんだ💦

 

 

頑張ります(TT)

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

2016-09-03 | 製作裏話

イラストの著作権☆

イラストや写真にうっすらと載せている文字や画像。

「ウォーターマーク」あるいは「電子透かし」というものです。

プレゼント台紙3タリスマン見本このロゴみたいなやつね。

本当は何もない綺麗な状態で見ていただきたい。でも残念ながらやっぱり自衛策は必要だなと感じることは少なくないです。

私のイラストもツィッターのプロフ画像や寄せ書きのイラストに使われていたようで、商用ではない個人使用であっても、何の断りもなしに使われるというのは嫌なものです。

しかも、そういうのに限ってEstherのサインの部分はご丁寧に消してくださってるし(;´Д`)
1283699496722_fa無断使用を確認したイラストの一つ。(ウォーターマーク入れてます爆)

フリー素材として配布しているわけでもないし、というか、それ以前に素材として掲載しているわけではない。
利用してくださる方とすれば「いいイラストがあった、使わせてもらおう」ぐらいの気軽な気持ちなんだろうなぁ。。。とは思うけれど、いわば商品を作るための道具として描いたイラストであって、人に使ってもらうために描いたわけではないイラストです。
自分のあずかり知らないところで自分の道具を勝手に使われるのは本当に心外。

心情の問題ではなくて、実際著作権侵害という違法行為になるので、自分が描いたわけではない、あるいは撮ったわけではない画像を勝手にお持ち帰りして使うのはやめましょう。。。という話です。

※ただ、besuoのイラストはEstherのサインを消さないまま個人使用の用途の場合はまず断ることはありませんので、使いたいなと思った場合は声かけてください。
(どうしてもサインを消したい場合は個人使用でも購入していただきます。プロフ画像に使うサイズぐらいなら300円程度でどう?(‘ω’)ノ)

著 作権侵害の具体的なあれこれについては「イラスト 著作権侵害」で検索すればたくさんヒットしまうので、具体的な内容については改めて書きませんが、便利 な世の中になった反面、簡単に違法行為ができてしまう世の中になったということなんだなぁ。。と自戒を込めてつくづく思います。

さて、長々になったけど、これはあくまでも前振り。
著作権の話については今までも何度か書いてきてはいるのですがまた蒸し返したのは、友達のYon’s Workplaceさんが実際に困ったケースに遭遇したから。

もう決着はついたそうなので、ただの友人に過ぎない私が細かいところまで書くのはやめておきますが、あれを見たときに私も頭に血が上りましたからね。。。
製作会社に依頼する場合でも、気を付けないと自分の信用まで傷つく場合がありうる、ということを言うために書かせていただきます。

発端はネット上に上がってきたある教室の発表会のチラシの画像でした。

中央にはどーんと見覚えのあるシルエットのイラストが、、Yonさんはイラスト販売した覚えはないと困惑している。

よく見ればギザギザ部分だとかポワントの影だとか、間違い探し級の些末な相違はあるけれど、ほぼ同一と言えるイラスト。

販売しているイラストを無断で教室のチラシとして使うのは明らかに賠償問題レベルの違法行為でしょ!!ひどすぎる。

ということで、私含む友人一同の怒りを背に(?)Yonさんは教室に問いあわせることに。

・・・

・・・・・・

結論から言えば、教室ではなく、教室が依頼した印刷会社の担当者がやった、という話だったらしい。

Yonさんのイラスト直接盗用ではなく、とある高校生のブログに掲載(もちろん無断)されていたイラストをその担当者がトレースしてデザインに使用した。のだそうな。

いっぱい突っこみどころあるよね。

無断で掲載する高校生も問題なんだが(これ読んでるあなたも、お気をつけて!)

プロの印刷会社の従業員が、トレースするとか。
(トレースされてしまったら、ウォーターマーク付けてても何の画像保護にもならない)

加えて、その担当者が長期の休みに入っていて本人から事情を聞くことができないだとか。

オリンピックエンブレムで佐野氏のデザイン盗用が旬の話題になったというのに、何の勉強も反省もないのか。

Yonさんは優しいから、損害賠償を求めてもいいケースにもかかわらず、本来の販売価格で買っていただいたということで一応一件落着だそうですが

このチラシに使われている他のイラストも、有料素材らしい。Yonさんのは他のブログで見つけて有償とは知らなかったという言い訳をしたとしても、他のもそうやって言い訳するつもりだろうか?

イラスト描く側からしてもあり得ないし、それ以上に顧客である教室の顔に泥を塗る行為だということをこのチラシを作った人は本当に理解しているのか?
問い合わせの担当者(製作者とは別人)が迅速&連続平謝りメールと、事後対応が良かったそうなので会社はきちんとしたところみたいだけれど。
若いとか経験数が少ないとかいう問題ではなく、そもそも自分が何かを一から作ったことがないんじゃないのか?
こういう人にクリエイティブな仕事にはついてもらいたくないです。ほんとに。

教室側には非がない、ということはYonさんが問い合わせたから分かったけれども、もしそうでなかったら。

実際私も、教室を疑いました。すみません。。。m(__;)m

でも、製作者よりも使用している当事者が疑われるリスクはどうしても高くなるのが現実だと思います。

そんなこと言ったって、お金払って依頼した製作会社が、まさか盗用したイラストを使用するなんて夢にも思わないでしょうから、見分けろって言ったって・・・というのはあるでしょうけど、こういうこともあるのだと知っていただきたいのです。
できたらイラストの出どころについてちゃんと確認を取っていただきたいな。

ていうか、製作者は自前のイラストでないなら、その旨と引用先を提示して、きちんと顧客の確認と了解を取るぐらいプロの仕事としてやれ!!!と言いたい(激怒)

今日は重たい話になっちゃってすみません💦

いつも応援ありがとうございます。今日もお帰り前にぽちっと応援くださると嬉しい( *´艸`)♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ

にほんブログ村

1 2 3 4 5 6 7 8 9 13