toggle
ティアラ作家の備忘録

教えてくれる人が欲しい。

なぜBallet Attic’s Propの前川さんをそんなに推し推しするのか。

決して袖の下をもらっているわけではないw

それを説明するためには、まず私がティアラを作るようになった最初の頃の話をする必要がある。

 

でも例によって長くなってしまうと思うので、推し推しする理由の説明はかなり後になるかも。。。
読み終わってからだと講座申込期間(2月7日締め切り)が終わってしまうかもしれないので、興味ある方は直接講座案内をご覧ください。
簡単に説明すると、ビーズだけでなくダイヤレーンやコード等異素材を組み合わせるのが特色です。
使用するビーズのサイズや種類も幅広く、確かに初級でも他の講座より難易度は上がると思いますが、より豊かなヴァリエーションのティアラを作る技術を身につけることができるはずです。

前川さんにいただいたティアラのチャーム。
小さいながらも素材を選び、無駄そぎ落として
美しく見せる工夫がなされていることが分かります。

 

 

我が子がまだバレエを習っていた頃の話。

教室で使っていたティアラは、殆どが私の同級生で唯一教室に残って手伝い続けていたSちゃんの作品だった。
Sちゃんの試行錯誤により作られたティアラは本当に様々な素材が用いられ、工夫がなされていて、数も結構あった。

でも当時作者であるSちゃんは出産・子育てのために退職しており、コードやブレードを使って作られたティアラはどんどん痛んでくる。
それで、Sちゃんのティアラがまだ使える間に修復・作成してみないか、という依頼が私のところに来た、というわけだった。

 

修復と言っても、素材がちぎれている物などはその場所だけ交換というわけにもいかない。従って結局は新しいものを作ることになる。

新しい物を作るなら、改良するに越したことはない。

先生の要望を取り入れながら見よう見まねでティアラを作ってみるが、何だかちょっと高いとかちょっと幅が足りないとかラインがイマイチといったような漠然とした意見からまぐれ当たりで正解を探さねばならず、辛抱強くない私は程なくしてティアラ作成の基礎となるような知識が欲しいと思うようになった。

作者であるSちゃんに聞いてみたいとも思ったが、Sちゃんは今赤ちゃんのお世話で大変な時期。
忙しいだろうな。。という遠慮に加えて、Sちゃんが長年積み上げてきた努力に乗っかる形でもっといいものを作りたい、という思いに気が引けて、連絡を取ることができない。
(Sちゃんには考えすぎだと言われそうだけど、人の作品に手を加えるのってなんだか罪悪感があって・・・(-_-;))

仕方ないから丁度インターネットが大分普及してきた時でもあったので、参考にできそうなものをネットで検索するようになった。

 

その時にMoonbow さんのHPを見つけたのです。(HPのBEADS(Tiara)というところになります)

Moonbow さんの数々の作品を見て、ビーズだけで作るティアラもいいな、と思うようになり
(記憶違いでなければ)ちょっとしたモチーフの作り方を載せてくださっていたので、
それを参考に作ってみたことが、もっといろんなティアラの作り方を学びたい!という気持ちに繋がった。

 

続きます。

バレエ、ヘアアクセサリー、衣裳・舞台衣装の3ジャンルに登録しています。
今日もぽちっ↓とクリックして投票してくださると励みになります☆
にほんブログ村 ファッションブログ ヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

保存

保存

ニーズは何だ?

そもそも私がティアラを作り始めたのは、教室の先生に「作って」と言われたからだった。

ティアラを買うと高い。

参考に見せてもらった〇ャコットやシ〇ビアのパンフを見せて戴いたら、あまりのバカ高さに目をむいた。

しかも、こんなの簡単に作れそうだし。。
(実際は高さとか大きさとか輝きとか色々鑑みないといけないので、形だけで判断はできません)

まぁでもモールで作ったのが〇千円とか、萎えるよねorz

 

そんなわけで、自分の手でコストを下げることができるのが嬉しくて作っているうちにここまで来た、というのが私のケースなのだけど、

これ、おそらく多かれ少なかれあちこちの教室でティアラを作っている方々同じ気持ちなのではないかと思う。

作れる可能性のあるものは自分で作ってみたい。

これが本音なのではないかと思う。(違ったらごめん)

 

自分で作れる可能性があるならば、というところには2つの思いが見える。

➀試行錯誤含め、作り方が分かれば自分で作る。

②自分で作れそうもないものは買う。(レンタルする)

 

ティアラ屋さんが仕事として成り立つのは、②のお客さんが少なからずおられるからということだと思うけど、
少なからずと言ったって、ティアラを使う演目は限られるし、教室方針で自前で用意する、とか教室のティアラが揃っていない、とか、そういうケースに絞られてくるので、バレエ人口から考えれば割合としては微々たるもの。

今後その市場が拡大するとは思えないから、ティアラ屋の数が増えればお客の奪い合い?みたいになるのは必須。

そういうところからは抜け出したいので、私は②の「自分で作れそうもない」という部分を更に極めていこうと思っています。
(1点だけ作ってみたくても、道具や資材・技術の習得等、コスト的に割が合わないようなティアラw)

 

でも、本当は➀のニーズの方がはるかに市場としては大きいし、バレエに限らずお遊戯会とかコスプレとか一般の方面まで対象者を増やすことができる可能性がある。

私は前回書いたように「先生」にはなりたくないという性分だから自分のティアラを改良していく方を選んでいるけれど、➀については自分が教室の手伝いをしていて試行錯誤していた時代を思い出して、こんな講座が欲しい!というアイデア?が色々あって、誰か➀のニーズを満たしてくれる人がいないかなぁとずっと思ってた。(他力本願)

要するに、何のことはない、私自身が「先生」をすごく欲していたということなのだけど。
(もうそこを超えちゃったから、置き去りにされたニーズを誰か何とかしてくれないかなぁという思い?)

 

それで、今回講座をリニューアルしたよ~と言うBallet Attic’s Propの前川さんにターゲットを定め、色々要望を出してみたw
(なんて奴)

 

続きます。

バレエ、ヘアアクセサリー、衣裳・舞台衣装の3ジャンルに登録しています。
今日もぽちっ↓とクリックして投票してくださると励みになります。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

 

保存

先生と言わないで(/ω\)

こういう仕事をしていると、多少なりともマニアックになってくるためか、「先生」と言っていただくことが結構あります。

でも、残念ながら、私は職人とか作家とかは呼ばれたいとは思うけれど、先生はちょっと。。。(^^;)

意図するものを作るために気になることは手あたり次第吸収してるので、知識や情報はそれなりにあると思うけど
人に教えるべき「正解」を自分が見つけることができてないから、先生と言われると困っちゃう。(><;

いろんなご依頼を戴くので、お客様がイメージされている物を形にするお手伝いはするけれど、あくまでもお客様のイメージがその時の正解であって、私の感性はあくまで形にする時の要素の一つに過ぎない。

(勿論おかしいと思うか?とか純粋に第三者の目として意見を言ってくれと言われればそうしますが)

私にとって正解があるとするならば、依頼してくださった方に「自分が考えていた以上の物だ」と思わせることかな。

 

先生は育てる人ですが、私はあくまでも手伝う人。そういうポジションが性に合っているし、いろんな人のいろんな感性に素直に沿うのが、楽しいのです。(*´▽`*)

 

 

そんなわけで私は先生とは呼ばれたくはないのだけれど、この頃はティアラ屋さんというのは、本当は「先生」である方がいいのではないか、自分自身が作るよりも教えることの方が重要なのではないかと思うようになりました。

続きます。

バレエ、ヘアアクセサリー、衣裳・舞台衣装の3ジャンルに登録しています。
今日もぽちっ↓とクリックして投票してくださると励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 衣装・舞台衣装へ
にほんブログ村

衣裳・舞台衣装でも2位になりました。ありがとうございます!

保存

2017-01-30 | おすすめ商品

ただ今の売れ筋商品。

久しぶりに毎日更新したので、訪問者が増えたようです。

やっぱり継続は力なり、、でも、一気に書いているようで1記事書くのにかなり時間がかかってしまうので、やっぱり続けて書きたくても、書きたいこと自体はあっても一日お休みしてしまいました。

毎日必ず更新できる人って本当にすごい。

 

さて、本当に少しずつですが、ギャラリーの方も試験的に?少しずつアップしています。

ティアラに関していえば1つのティアラにつき、細部まで見える拡大可能な画像に加え、使用例を何点か載せて行きたいという思いがあって、画像を整理・加工しながら作業しているのですが、

写真を撮る時にどのようにHPにアップしようかと考えて撮っていなかったため、整理ができておらず、探すのに一苦労orz

レンタル開始予定の4月までに何とかHPに向かい合う気持ち維持しつつ、牛の歩みで進めたいと思います(´;ω;`)

 

というわけで、まだしばらくティアラお休み中なので、Estherの売れ筋は当然ティアラではない。

例年だと新学期近くなってくるとワッペンが増えてきますが、今はまだそのシーズンでもない。

バレエチャームはコンスタントに出てますが、実は、意外にも一番売れ筋なのが、これ。

石座です。(セッティングともいう)
画像に、ショップのリンク貼ってありますので、他の種類が見たければクリックどうぞ☆

 

普通はスワロフスキーなどのファンシーストーンを嵌めて使うんですが、多分、レジンの枠として使われている方が多いのではないかと思います。(直接聞いたわけではないからあくまで予想だけど)

こんな風な。
(これは底にオパールグレインを敷き詰めた上に、シルエットシートを載せて閉じ込めてます)

 

石座自体はそれほど珍しくないのだけれど、可愛い石座というのは実はあんまりない。
装飾性のある石座は結構高いので、失敗するかもしれないレジンにはなかなか手が出ないかも。。

Estherでも1個150円と、他の小さいサイズのセッティングと比べると高めなんですが、それでも透かしの装飾石座としてはかなり安いです。

あとこれのいいところは、透かしというのに加えて裏がオープンなので、軽いんですよね。(約0.8g)
アクセサリーパーツとして使う時には、重厚感をわざと出したいというのでなければ、軽い方がいい。

ただ、レジンに使う場合にはそれなりにレジンの表面張力の加減が分かってる人でないと漏れやすいし、厚みがあまりなくて閉じ込めるものを選ぶから、中・上級者向きだと思います。

でも、上手くできたらほんと可愛いです(*´ω`*)私の好きなサイズ。10mm×14mm。

金色・金古美色は他のショップにもあるかもしれないけれど、シルバーは発注して作ってもらったものなので、他にはないと思う。
だから、バレエ関係ではなさそうな一般の客さんが多いんだろうな。嬉しいな。

隠れ看板商品であります☆

 

で、ショップとしては残念なんことに、繊細なデザインだからか、これ、ちょっとB級品が多いのです。

だからまとめ買いしてくださった方には練習用ということで、B級品をおまけにつけてます。
それも、リピーターさんが多い理由なのかな。

加えて残念なことに、廃盤商品なので、廃盤が分かった時点でそれなりに数は確保しているんですが、
在庫が無くなったら補充できないかも、、それまでに似たような感じのものを見つけるか自分が作るかできればいいんだが。
今のところは早い者勝ちです。
(ショップに上げてない在庫がありますので、欲しい数がショップに無いという時はお問い合わせくださいませ。)

 

ブログ村に登録しています。良ければお帰り前にぽちっ↓とクリック、投票してください☆

にほんブログ村 ファッションブログ ヘアアクセサリーへ
にほんブログ村
ヘアアクセサリージャンルで1位になりました。ありがとうございますm(__)m♡

保存

保存

保存

2017-01-18 | お友達

意外な方がヒットしないΣ( ̄□ ̄|||)

Linksのページに掲載承認いただいた際にTama Illustrationさんの絵が全く検索にヒットしないことに気が付いた。

“バレエイラスト”“Ballet Illustration”あるいは“バレリーナ イラスト”etc。。

「イラスト」を「絵」に変えてみてもでてこない。

そこでTamaさんに聞いてみたら、なんと、Tamaさん恐ろしいほどのアナログ人間なんだそうで、検索にヒットされるように設定したりとか絶対ムリムリらしいΣ( ̄□ ̄|||)

ということで、普通にバレエのイラストを探そうと思ってもTamaさんの絵は見つからない、という状態なわけだ。。
勿体なさすぎるorz

夫君がどうやらITガイらしいので、以後夫君のお節介配慮に期待♪(⋈◍>◡<◍)。✧♡

しかし、、

そんなら私は一体どこでTamaさんのブログを発見したんだろう????(;゚Д゚)←もはや記憶にない

 

一つ覚えているのは、私達の交友が始まった時。
カラーミーを使って作っていた旧ショップに提携作家さんのコーナー作るから、誰でも気軽に声かけて☆とブログで告知してたのをTamaさんが見て連絡してくれたのが最初だった。

でもその時には私、Tamaさんの絵を知っていて、
「あ~こんな素敵な絵を描く人と友達になれたらな~。でも向こうはもう絵を使ってご自分でストア作って販売しておられるし、お願いする余地もないだろうな」って思っていたのです。
(実は今でもそういう人は多いです。声かけないんじゃなくて声かけれないだけ。爆 だからひそかにこんなもの作ってみましたw)

それが向こうから声をかけてくださったものだからびっくり仰天!
すぐにお返事書いて、交流が始まったというわけです。

だから私の中では、Tamaさんの絵が検索で探し出せないという視点が全く抜け落ちていて、検索にヒットしないなんて、、

驚愕( ゚Д゚)今でも信じられないわ

しかも本人これからもSEO対策するつもりがないなら、ここは出番っしょ( *´艸`)♡←お節介

もし知らない方おられましたら、ぜひ見ていただきたいです。
と言ってもEstherよりTamaさんの方がおそらく認知度高いとは思われるのだが。爆

去年描いてた絵はSwan Lakeでした。
人間のバレリーナのイラストは数多く、デフォルメされた動物のバレリーナもまぁよくあると思うけど、Tamaさんのような絵を描かれる方はいないでしょう。。
ブログにアップされる制作過程から全てにツボっておりましたが、やっぱり私は黒鳥が好き♡

ああ、でも4羽もかわいいな♡

Tama Illustration Magイラストそのものを載せるわけにはいかないので、ストアのリンク貼ります♡
Tシャツはまた別のお店になるのでご注意ください。

 

今年は何を描かれるのかな~?

 

良ければ今日もぽちっ↓と応援お願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 衣装・舞台衣装へ
にほんブログ村

保存

保存

2017-01-17 | 日記

入れ物は大分できてきた感じ?

HP手直しします、とFBページで宣言したのが1月7日。
今日10日、ようやく久々にブログを書こうかという気持ちになってきた。

肝心のギャラリーにまだ全く写真を貼れてないんですけどね(^^;

載せる写真を選んでいると最初から全て撮りなおしたくなる誘惑にかられるからなんだけど、そういうこだわりを捨てて先に進まなくちゃ。。

とりあえず、入れ物は形になってきたから、このブログを書いた後、ぼちぼちギャラリーにも取り掛かろうと思います。

Ballet tiara shop Estherバナーとか作るのも結構時間がかかるのよ( ノД`)

 

さて見てくれはあまり変化ない当HPですが、Linksというページを作りました。

FC2のブログの頃はサイドにお友達になった方のリストを掲載していたんですが、新ブログに移ってからはとにかく体裁を整えるだけで精いっぱいで、友達にはリンクを貼っていただいているのに自分は貼っていないという不義理な状態。

申し訳ありませんでしたm(__;)m←アホすぎる

ようやく、手入れをしようという気力が起きついでに主観で紹介させていただきました。

 

当然OKのはずのGuild Balletのメンバー以外は一人一人確認とって一応掲載許可いただいてから載せているので順番に深い意味などなく、単に早く連絡ついた順です(*´▽`*)

掲載OKしたのにまだ載ってないよ!という人がいたら、、まだ画像を処理していないか、一気に書いたので忘れてるだけ、、なので、失礼承知でお知らせくださいますようお願いいたします。この頃色々と自信がないもんで、、orz

 

とりあえず業務連絡ぽいけどHP&ブログ再開のお知らせってことで☆

良ければまた応援してやってください↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

保存

新年早々凹む;つД`)

去年は末っ子が小学生になって楽になったはずなのに、
後半それに慣れてくると、自由になった時間を有意義に使えない自分にかえって気持ちが落ち込むという日が続いた。

ダラダラしちゃいけない!と思いながら、実際は大したことしないうちに午前中が過ぎ、
午後も子どもたちが帰ってくるまで時間があるはずなのに、やっぱり仕事したというほどのこともできず、
子ども達が帰ってきたらようやくまともに体が動き出すという体たらく。

加えて秋ぐらいから何が悪いのか家のネット回線の調子が悪くて、調べたいときに調べられず
仕事したいときに仕事できず、書き込みたいときに書き込めずというようなこともあったためモチベーションダダ下がり!
(だって時間かけて書いたものがネット接続不良で一気に消されるとホント、、、(´;ω;`)ウゥゥ)

去年の反省をしながら、今も上がらない気分のまま、年明けたから何か一つでも動こう、とこのブログを書いている。
弱い弱い私。

新年あけて早々元気ない話は聞きたくないよ!という方は以下はご遠慮くださいませ(;^_^A
たまたま気持ちが上がらないのが年明けだったっていうだけで、1年ずっと低調ではないと思うから、その時その時でできること一つ一つ今年もがんばりたいと思います( *´艸`)☆よろしくお願いいたします♪

 

 

***********************************************

そんな状態で、昨日、夫と一緒に運動がてら町の本屋さんに行った。
本は置く場所もお金もかかるので、基本は読みたい本を見つけたらまず図書館で捜す。
図書館に無い本はネットでおおよそ内容やレビューをチェックしてから、それでもどうしても欲しい本だけ買う、というスタンスの私達なのだけど、やっぱりもともと本好きなので、本屋さんにはぶらりと入ってみたくなる。

いつもなら興味のある専門書のコーナーに行くと、気持ちが上がってきて早く何かをしてみたくなるんだけど、
昨日は立ち並ぶ本の前で初めて凹んだ。

世の中にはこんなに「出来上がっている」(ように見える)ものがあふれている。
本を書かない人の中にも本を書く人以上の技術や知識を持っている方々もたくさんおられるだろう。
自分は「プロ意識をもって作る」という意味でプロ名乗っているけれど、バレエにしてもモノ作りにしても突出した何かを持っているわけではない。ビジネスにおいては何をか言わんや。

ティアラというニッチなジャンルに絞っているから、自分と同じような視点で同じようなものを作っている人がいないから、という理由で仕事にはなっているけれど、舞台製作に関わるプロ・ジュエリー製作のプロがタッグを組めば鼻先で笑われてしまうようなものにすぎない(ホントに)

もっとも彼らは突出しているだけに、わざわざタッグなぞ組んで「バレエ用」の「ティアラ」を手掛けることなどないだろうとは思うけれど、そんな風に考えると何だか虚しくなる。
知識だけでもどのジャンルにも秀でてみたい、そういうつまらない欲が湧いてくるのを自覚すると、手に取る専門書も色あせて見えた。
本自体が詰まらないものではないのに。

正直そういう気持ちになったのは初めてだったので、あ~、、精神状態悪いんだなぁと改めて実感したけど、こういう状態の時、自分でできることっていうのはあまりない。

気持ちが上がらないからこそ、天気のいい日に出かけ、運動も心がけ、夫との会話を楽しむようにしているけれど、
一時的に気持ちは晴れるものの特効薬のようなものになるわけではない。
何か理由がはっきりしないのに気持ちが落ち込む場合は、もともとない「理由」を取り除くことなどできないから、急に気持ちが盛り上がってくる何かが出てくるまで、長期戦になることを予想しながら、一日一日、その時その時、一つ一つ、ミニマムなやれることを積み重ねていくしかないのだ。

※新年早々気持ちが落ちているというのは今年が初めてだけど、そういう波は子どもの頃からしょっちゅうのものなので今回も全く心配無用です(←もしかして読んでいるかもしれない知人向けアピール)

とりあえず今年は秋に友人達と一緒にやる大きな目標があるから、それがあるだけでも気持ちの張りは大分違う☆
一人で作ってるけど、一人じゃない。本当に感謝なことだなぁ。
友達の皆々様、こんな私ですが、今年もどうぞよろしくお願いいたしますね(*´▽`*)ノ☆

img_2029s

 

レンタルティアラに加えてミニティアラ(販売用)も充実させていきまっす☆

改めまして、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m☆

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

保存

2016-11-08 | 製作裏話

ティアラの素材について(鍍金)

来年度レンタル開始に向けてFBやインスタグラムで新作ティアラをアップしていっています。
ティアラ単体の写真もいいけれど、やっぱり実際の着用イメージがないと魅力を感じていただけないかな?といろんな組み合わせ例を掲載していきたいと思いますので覗いて楽しんでいただけたら幸い( *´艸`)♡

2016110401↑FBページにリンクしてます☆

各パーツに分けて組合せて使うのはビーズ等他の素材のティアラでもできるだろうけど、
パーツを重ねて着けても浮き上がったりモタモタしたりしないのは、ヘアピンを直接刺せるほど薄く仕上げているEstherのティアラならでは(^_-)-☆
(勿論Estherのだって、石のあるところに重ねたら浮き上がっちゃいますが・爆)

 

ところで当店のティアラはコストや重量を抑えるためにベースに真鍮を使っています。
(ウェディングやプレゼント用など、価格を抑える必要がない場合は銀(silver925)を使って製作することもできます)

真鍮は「貧者(ひんじゃ)の金」という別名のように黄色の輝きを持つ金属なのでそのままゴールド代用として使うことも可能ではあるのですが、磨かないとくすんでいくという欠点があるので、ゴールド色のティアラは金(Au)で鍍金(メッキ)してもらっています。

 

ではシルバー色は?銀(Ag)で鍍金しないの?
銀(Ag)メッキは他の金属では真似できない明るい白色の輝きがとても美しいのですが(手元の鍍金見本を見ても、明るさがひときわ違う)真鍮同様、酸化で変色してしまうという弱点を持っています。
銀食器等をお持ちの方はご存知だと思うのですが、磨かないと黒っぽくなります。

あと、この白さが衣裳に使う「銀色」の装飾とは合わないことが多い。
衣裳に使う銀色ラメのブレード等も白っぽい色から黒っぽいものまで各種あるけれど、なんとなく私が見てきた範囲では白っぽい銀をあえて使う衣裳よりもちょっと落ち着いた色の銀を使っていることが多いように感じる。
衣裳の色にもよるだろうけれど白色の布でない場合、白いとそこだけ浮いてしまうことが多いからでしょうか。
(そこは衣裳の作り手に聞いて見なければ分からないけど)

ということで、銀色だけど銀(Ag)メッキは採用しない。
(数が揃って来たら色のヴァリエーションとして後々作るかもだけど)

 

では銀色の候補になる鍍金とは何かというと、安価なのはニッケル(Ni)。
パッチン留め等、安いアクセサリーの銀色はほぼ間違いなくこれだと思いますが、ニッケルは金属アレルギーを起こしやすい素材なので採用せず。
消去法でロジウム(Rh)という素材を使うことにいたしました。

ただ、ロジウム鍍金って書くと、なんとなくそんなに良いものって感じがしないんですよねぇ。。
だから、アクセサリー屋によってはロジウム鍍金のことをロジウムコーティングだとか、プラチナ仕上げだとか表示しているところもあります。
ロジウムコーティングはまぁおしゃれな語感というだけで間違っているわけではないでしょうが
プラチナ仕上げってのは、、、無いやろ(ーー;
確かにロジウムはプラチナの仲間(同じ白金族)だけどね。

売らんかな、のために違うものを一般によく価値を知られているから、という理由で別の名前で呼びたくは無いので、Estherではあくまでもロジウム鍍金はロジウム鍍金!
ただ、一般には高級アクセサリーにも施されている処理と同じですよ、ということを主張しておきます。悪しからず!

2016110302シルバー色は石もオーロラではない普通のクリスタルを使っているので、繊細で控えめな美しさって感じ?

ざっくり書いたから、なぜ鍍金にはプラチナではなくロジウムを使うのか、というようなことは書かなかったけど、興味がある方は「ロジウムコーティング」「プラチナ仕上げ」等で検索してみてください。
市販のアクセサリーを買う時の予備知識になるかも。

 

よろしければ今日もお帰り前にぽちっ↓と応援してくださいませ(*´ω`)ノ☆

にほんブログ村 ファッションブログ ヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

 真鍮(貧者の金)の金色ってどんなのか知りたければ、5円玉(真鍮)をピッカピカに磨いてみてください(=゚ω゚)ノ☆
長期間維持できないのが残念だけど、とてもきれいな色です( *´艸`)♡

 

保存

保存

保存

保存

2016-11-01 | 日記

モデルさん♡( *´艸`)

EstherのHPにもショップページにもお客様のレビュー写真を載せておりません。
(お客様を超えた関係であり、ショップで使いたいというお願いをした後で改めて送っていただいた写真のみ、素材として掲載しています)

少なくないお客様がありがたい感想と共に着用画像を送ってくださるのですが、私がネット上にあげるのが怖くて、、、

もしかしたら掲載してくれたらいいのにな、と思ってくださっている方もおられるかもしれないと思いつつ、作らせていただいた者の役得、ってことで基本は一人で楽しませていただいております(;^_^A

「使ったことのないものはレビューを参考にして決めよう」と思っておられる方は多いと思うのです💦
ティアラ作家仲間のAttic’sPropさんとそういう話をして、トルソーじゃなくて実際に着けている写真がある方が確かに安心して問い合わせできるだろうな、と思った。
どれだけ多くの人が使っているかということも信頼できるかどうかの指標になると思うし。
Attic’sPropさんのギャラリーを羨ましく眺める私(苦笑))

やっぱりギャラリー、いいなぁ、、、
私も「掲載可能なお写真お願いします!」と最初からアピールしてギャラリー作りたい~~💦
こんな風に遠目なら顔も見えまい?でもこれだとどんなティアラか分からない。
だから大抵のお客様は全体ではなくわざわざティアラデザインが良く見えるように上半身をアップにしてくださったものを送ってくださる。
全身撮る場合でも、ティアラのデザインがはっきりわかるような撮り方で。
とても嬉しそうな、素敵な笑顔、本当に幸せ、、、(T人T)

だけどこんなにくっきりはっきり個人が特定できてしまう写真は恐ろしくて載せられない!;つД`)
それはお客様にお願いしてAttic’sPropさんのように掲載するのは舞台写真に限定すれば何とかなるかもだけど、
加えてうちの場合はティアラ自体が大幅に変わっていってるから、いつのティアラから載せたらいいのか分からなかった、ということもあって、ギャラリーのページを作れなかった。

新しいティアラ揃ってレンタル開始したら、舞台写真送ってくださいませ♡ってお願いしてみようかなぁ。
あるいはお金かかるけど商品ページにトルソーじゃなくて人間のモデルお願いする?なんてことを考えておりました。
(要は実際に着用したらどんな感じか分かればいいのだから)
でもプロのモデルさんだからってバレエのティアラのモデルになれるかって言ったら、、、微妙だよね。

 

↑↑↑以上、前置き。(相変わらずダラダラ文ですみません)

そんな私に、モデルになってあげようか?と言ってくれた友達が!
(彼女もハンドメイド作家でショップも持っているので宣伝したいところだけれど、ショップで個人情報が割れてしまうのであえて紹介せず)

娘ちゃんがモデルさんになってくれました。ありがとー♡( *´艸`)
14732245_1775816699351319_1277249282024302986_n 笑顔カワイイ( *´艸`)♡
(加工済み、元はもっとカワイイ♡)

 

ただやっぱり撮ってみると、素の顔が自然でかわいかったのだけど、そのままそれをアップするのは危険すぎるだろう!!!(@ ̄□ ̄@;)!!

てなわけで友達と一緒に、顔の向き的に誰と分かりにくいものを選んでみたり

14875411_1775816876017968_1656122971_n

おしとやか~~( *´艸`)

 

14875384_1775816526018003_565238152_n

メイクを施してみたり、
メイク顔のアプリで顔を変えてみたり。
(これはどっちだ?)

  14886179_1775816752684647_864685053_n

ちょっと光が足りなくて影になっている画を無理やり明るくしてみたり(^^;

ああ~~~。あんなにたくさん撮ってもらったのに、、、画像加工の段階でどんどこ絞られて、、、orz
そして、加工してみてズバリ思うこと。

手を加えるって難しい(-“-;A …

どんなに白くしても、眼を大きくしてみても元の顔の方が断然カワイイ、、手を加えることに罪悪感がorz
(本人と分らなくする過程の殆どは親である友人がやってくれてるけど)
確かにここまで変えればもはや別人なので心配はなくなるんだけど。

やっぱり手元で元の写真を見ながらカワイイ・・・(*´ω`*)と楽しむのが私の性に合うのかしら💦

それでも極端に本物の人間がティアラをつけている画が少ないEstherなので、せっかく作ったこれはFBとかインスタグラムに掲載させていただこうと思います。
Yさん、娘ちゃん、ありがとうね♡

 

今日もよろしければお帰り前にポチっと応援お願いしますm(__)m♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

 

保存

保存

保存

保存

保存

1 2 3 4 5 6 7 8 9 14