toggle

試着した方がいい理由


 バレエのティアラは遠目に見る物なので、どんなティアラでもいいのかもしれません。

でも、できれば数点とっかえひっかえ試着してみてください。
ほんの数ミリの高さの違い、カーブのなだらかさの違い、石の数や大きさの違い、このティアラは似合うけどこのティアラは似合わない。
同時に比較してみることで、同じように見えて実は結構イメージに違いがあるということに気が付きます。

画像で見たときは自分好みのデザインではなかったけれど、実際に着けてみたらこちらの方が似合う!ということも少なくありません。
(Estherでも今のところ試着されたお客様は100%(!)最初に希望していたティアラと違うものをお選びになっています(^^;)

Estherのティアラは画像ではどれも無難な、当たりはずれのないデザインのように見えるものが多いです。(そのように意識して作っています)
だからこそ自分に本当に似合うライン、大きさのティアラを見つけるためには試着が重要!

ティアラをつけて踊れるようになるまで多くの時間と努力が必要でした。
ティアラをつける演目も限られるから、つけてみたくてもなかなか機会がなかった方もおられるでしょう。
ようやくティアラを選べる!そんなチャンスが来たら、妥協せず自分に似合うティアラを探しましょう。
踊るときの自信が全く違いますよ(*´з`)♡